2017年12月19日火曜日

今年読んだ本 2017

2017年に読んで良い、またはまぁまぁ良いと思った本。順不同。ここ最近はコンピューターグラフィックスに興味が強く湧いていたので3D関連の本ばかり。洋書多数。


WebGLをいじるのにシェーダーの解説付きのサンプルが見たかったので購入。ただ「おー、すげーいいじゃん」と思う機能のほとんどがOpenGL4.0からのサポートでWebGL2.0では使えないのが多数なのでなんだかなぁと言った感じ。現状のOpenGLで何ができるかをざっと見るには良いと思う。


3Dの当たり判定を自前の計算で行えるようになる。簡潔でいて分かりやすい。物理演算とか実際にどんな風にやっているか興味のある人にはとても良いと思う。


Three.jsの機能をざっと知りたかったので購入。よくまとまっていると思う。けど、ほとんどの内容はThree.jsのサイトみたら全部分かると思う。深い内容はとくになかった。


今年読んだ本で一番。dot product, cross productのような知識がなくても一から丁寧に説明してくれるので良く分かる。個人的にすごくよかったのは本書に出てくるほとんどすべての数式について実際にはそれがどういう現象を表しているのか詳説してくれているところ。理解がはかどった。


読書途中だけど良い。全体的にわかりやすい。込み入った説明になってくると難しくなってくるけどGeometryで問題になることがよくカバーされているので知識欲が刺激される。pseudocodeもあるのでこれをもとにプログラミングするときにも一助になりそう。ただpseudocodeはかなり文章よりだけどね。


ゲーム作るときの参考になるかなと思って購入。色々な撮影テクニックが簡潔に説明されていてわかりやすいし面白い。


遠近法を勉強するのに。ざっと読んだだけだけど良い。あとは実践あるのみなんだけどその時間がなかなかとれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿